13件中 10件 表示

1 ページ中 2 ページ表示12
2013.07.31
賃貸等不動産の時価開示②必要性の判断
時価注記が必要となるのは重要性の高い不動産であり、重要性が乏しい場合は注記を省略することができます。 賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいかどうかは、賃貸等不動...
2013.07.30
賃貸等不動産の時価開示①適用範囲
企業会計基準が国際化していく中で、不動産関連に関する会計基準も改正が進んでおります。その中で、平成22年3月期から適用開始となったいわゆる「賃貸等不動産の時価開...
2013.07.29
子供のいない夫婦の遺言④共同遺言とは
共同遺言 共同遺言とは、二人以上の者が同一の書証で遺言をする場合であり、民法975条はこれを禁止しています。 その趣旨は、遺言をする際に他の者の影響を受けな...
2013.07.25
子供のいない夫婦の遺言①問題の所在
質問 私(A)は、高校時代に同級生として知り合った妻Bと40年前に結婚しましたが、ともに子供はいません。2人とも両親は既に死亡しており、血...
2013.07.24
地積測量図の見方⑤平成17年以降
平成16年法改正(平成17年3月7日~) 平成16年法改正、平成17年3月7日施行 1)残地計算 土地の分筆登記を行う場合、公簿から求積地の面積を引くこと...
2013.07.23
地積測量図の見方④昭和52年~平成17年
昭和52年法改正(昭和52年10月1日~平成5年9月30日) この法改正までは、境界標の表示が義務付けられておらず、どこを基準に測量したのか明確でない地積測量...
2013.07.22
地積測量図の見方③昭和52年まで
昭和35年以前 土地台帳事務の取扱当時、土地の表示、分筆、地積更正の申告書には地積測量図は法定添付書類として位置付けられていました。 土地の所有者が市町村役...
2013.07.19
地積測量図の見方②時代による特徴
地積測量図は一筆の土地の地積(面積)に関する測量の結果を明らかにする図面であり、現地における境界点を公証する唯一の資料として重要な役割を担っています。 現在で...

13件中 10件 表示

1 ページ中 2 ページ表示12