産業廃棄物の処理について②産業廃棄物の処理とは?

掲載日 : 2015年2月23日

シリーズ2回目は「中間処理」を取り上げます。

廃棄物の埋め立て?
産業廃棄物の処理と聞いて、多くの方は最終処分場への埋め立てを思い浮かべるのではないでしょうか。
確かに、排出現場から搬出してそのまま最終処分場に埋め立てられる廃棄物も相当量あります。
しかし、多くの廃棄物はそのまま最終処分場に運ばれるわけではありません。最終処分場はその容量に限りがあり、全ての廃棄物をまかなうことができないからです。

中間処理とは
そこで、できるだけ最終処分場に負担をかけないよう、廃棄物の量を減らす作業が必要となります。これが「中間処理」といわれるものです。最終処分する前に「中間」的な廃棄物の処理を行います。
中間処理を行うことで、最終処分する廃棄物の量を物理的に減らすだけでなく、廃棄物をリサイクル製品へ変えることもできるようになります。廃棄物の種類にもよりますが、いかにリサイクルできるかが中間処理の重要なポイントとなります。
また、劇物などの取り扱いしにくい廃棄物を”安定”させるためにも中間処理を行なうことがあります。

中間処理の方法
中間処理する方法には様々な種類がありますが、法令にその全てが書かれているわけではありません。許可権者が地域の実情などを勘案しながら、適正に処理できる方法を許可していきます。
では、代表的な処理方法をみていきましょう。
1) 破砕処理
破砕機で細かく砕きます。砕いて嵩を減らすことで、廃棄物の体積を小さくすることができます。また、がれき類や木くず・廃プラスチック類などを破砕して、土木資材や燃料チップとしてリサイクル製品を製造することもあります。

2)焼却処理
燃やすと物質の体積は大きく減少しますが、廃棄物も焼却炉で燃やすことにより体積を減らします。また、熱で殺菌したり有害物質を分解するという作用もあります。

3)脱水処理
産業廃棄物で一番多く排出されているものは”汚泥”です。この汚泥というのは非常に多くの水分を含んでおり、汚泥を埋め立てるにしてもこの水分は邪魔者です。そこで、脱水機で汚泥から水分を抜いて、量を減らしてやります。

4)乾燥処理
汚泥から水分を抜くのに脱水処理のほか、乾燥という手段もあります。お陽さまの下で汚泥を広げて、水分を乾燥させていきます。広い場所が必要とはなりますが、複雑な装置を必要としない処理方法です。

5)中和処理
酸やアルカリの液体は、濃度が濃いとそのままでは危険です。そこで、酸とアルカリを混ぜて中性に近づけてやります。そうすることで、取り扱いがしやすくなるのです。

このほかにも「油水分離」「コンクリート固型化」「ばい焼」「分離」「分解」など、廃棄物の性状に応じたたくさんの処理方法があります。

【関連コラム】
産業廃棄物の処理について①収集運搬
産業廃棄物の処理について③最終処分の方法と処分場の種類

【コラム執筆者】
行政書士北浜合同事務所
行政書士 池口 和広