失踪宣告とは③取消し|司法書士 脇田直之

掲載日 : 2018年1月29日

失踪宣告された人が後日見つかったり、失踪宣告で死亡されたとされた日が実際と異なるような場合、失踪宣告の取消しをすることができます。

失踪宣告の取消しができる場合
①行方不明者が見つかった場合
②失踪宣告により死亡とされたときと異なるときに死亡していたことが分かった場合

失踪宣告の取消しの申立てができる人
以下のいずれの者が家庭裁判所に失踪宣告の取消しを申し立てます。
①失踪宣告された本人
②利害関係者(失踪宣告の申し立てができる人と同じ)
参考→失踪宣告とは②申立てのながれ

失踪宣告の取消しの注意点
①取り消されるまで
失踪宣告された人は法律上死亡したままです。
たとえ、行方不明者が元住所に戻ってきたり、生存していることが明らかになったとしても、失踪宣告の効果に変更はありません。
②失踪宣告が取り消されたら
失踪宣告された人は、法律上死亡していなかったことになります。
法的な権利は失踪宣告される前の状態に戻され、相続は開始しなかったこととなり、離婚は解消しなかったことになります。

【関連コラム】

【関連コラム】
失踪宣告とは①普通失踪と特別失踪
失踪宣告とは②申立てのながれ
失踪宣告とは④取消しと問題点

【コラム執筆者】
IS司法書士法人/IS行政書士事務所
司法書士, 行政書士 脇田 直之