アセットマネジメント(AM)とは?|不動産鑑定士 伊東玉喜

掲載日 : 2018年1月7日

アセットマネジメントとは、投資家や資産所有者などから委託を受け、複数の不動産や金融資産について総合的に運用・運営・管理を行う業務のこと。
Asset Management(AM)

資産全体の適切な運用を行うため、複数の金融商品への分散投資(ポートフォーリオ)に対する助言やファンド運用など広範囲にわたる業務を行います。

特に不動産部門においては、投資家の利益を最大化するため、対象となる不動産を運用することであり、投資家のインカムゲインとキャピタルゲインの最大化が求められます。

具体的には、投資計画の策定と実施、デューデリジェンスの実施、組み入れ資産の購入・売却にかかる意思決定、管理方針の策定などの業務があります。
また、対象資産が賃貸不動産の場合には、入居者や建物等の運営や管理業務を行うプロパティマネジメント会社の選定と管理も行います。

なお、運用・運営・監理を実行する者をアセットマネージャーといいます。

プロパティマネジメントは個々の不動産の収益の最大化が求められますが、アセットマネジメントには投資家の利益の最大化が求められています。

【コラム執筆者】
株式会社クラヴィス鑑定事務所
不動産鑑定士 伊東 玉喜