不動産の媒介契約とは?媒介契約の種類|宅地建物取引士 中西康夫

掲載日 : 2017年4月2日

不動産の売却にあたって不動産業者に仲介を依頼する場合、「媒介契約」が必要となります。媒介契約には、以下の3種類があります。

媒介契約とは
「媒介」とは、宅建業者(不動産業者)が不動産の売買や賃貸借について、売主と買主(または貸主と借主)の間の仲立ちをすることで、一般的に「仲介」と言われています。
そして、売主などが、宅建業者に「媒介」を委任する契約のことを媒介契約と言います。

仲介のサービス内容、委任期間などを明確にしてトラブルを防いだり、不動産取引の円滑化を図るため、法律により媒介契約は書面で結ぶことになっています。
媒介契約の締結は、その後の売却活動の入口となる重要なものなので、内容を理解しておきましょう。

媒介契約の種類
媒介契約には、「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類があります。不動産の仲介を行うという意味では、いずれも基本的な契約は同じですが、以下のような違いがあります。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への仲介依頼 ×
できない
×
できない

できる
自ら探した相手
との契約
×
できない

できる

できる
契約の
有効期間
3か月 3か月 法令上の制限なし
業務処理状況の
報告義務
1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の制限なし
指定流通機構(※)への登録義務 あり あり なし
宅建業者の
モチベーション
かなり高い
(依頼先は1社のみ)
かなり高い
(依頼先は1社のみ)
高い

※指定流通機構
専属専任媒介契約や専任媒介契約を締結した場合、窓口は仲介の依頼を受けた宅建業者一社のみとなりますが、その一社だけでお客さまの取引相手を探すことには限界があります。
このため、宅建業者はコンピューター・ネットワーク・システムを利用して広く取引相手を探すことが義務付けられており、このシステムを指定流通機構と言います。

株式会社プラスマインド・パートナーズ
宅地建物取引士 中西康夫